スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ニキビで就活不利にならない就活証明写真

就活用の履歴書に貼る写真のほか、
パスポートや運転免許証などの各種証明書にも
顔写真を添付しなければいけません。

写真を写すとなるとやはり気になってしまうのは、
写真映え、見た目の良さじゃないでしょうか?

ニキビがある場合は特に、
ニキビで肌が汚く見えないか?

ニキビで表情が暗く見えたり、
全体的な印象が悪くならないか?
心配になりますよね。


ただ、ニキビを気にするあまりに、
髪形を変にいじってしまうのは良くありません。

就活の証明写真であれば、
髪形はおでこをしっかり見えるように
生え際よりも上でまとめるのが定番です。

男性であれば短めにカットしておくべきだし、
女性であれば、前髪はまとめておくべきです。

また横髪(もみあげやこめかみの髪の毛)も、
表情にかぶらないように耳の後ろにかけたり、
頭の後ろで結んでまとめておいたほうが良いです。

コンシーラーやファンデーションでニキビを隠すのも、
一つの手段ではありますが、メイクを厚くしてしまうと、
写真がどうしても暗くなってしまいます。

写真写りの良い人たちというのは、顔に光が当たった時、
たくさんの光を反射することができるので、顔が明るく見えるんです。


けれどもメイクを厚塗りしてしまうと、光が十分に反射されず、
写真を写した時に自分だけ表情が暗くなってしまうわけです。

写真映えするためには、

・顔の産毛を剃っておく

・背筋を伸ばして顎を引く

・口角をわずかに上げて笑顔を作る

といった点にも気を付けることはもちろん大切なんですが、
ニキビに不安を感じているのであれば、
しっかりとしたニキビケアも必要ではないでしょうか?

思春期後半に入ってくると、
ニキビができる原因は
思春期前半とは異なってきます。

いわゆる思春期ニキビの原因はホルモンバランスの変化ですが、
年齢が上がるにつれてニキビの原因は「肌の乾燥」にシフトします。


どちらかというと皮脂分泌過剰で脂性かもしれませんが、
肌内部では水分不足が起きているんです。

インナードライ肌とも呼ばれ、肌内部の乾燥を食い止めるために、
肌が水分蒸発を防ごうとして皮脂分泌を余計に増やすという、
あべこべな状態が起きているんです。


インナードライ肌によるニキビを改善するには、
肌内部にしっかりと潤いを届けることができる
リプロスキンを使うのがオススメです。


リプロスキンでは美容成分や保湿成分が
肌内部にしっかり侵入できるように
アクアポリンという細胞組織の力を借ります。

アクアポリンが肌表面から肌内部にわたって、
「水の通り道」のようなものを作ってくれるので、
従来のニキビケア用品では到達できなかった深さまで、
美容成分・保湿成分を届けてくれます。

頑固なニキビ跡は肌の深くまで傷が入っているものですが、
リプロスキンなら、そのさらに奥まで成分を送りとどけ、
ニキビ跡にもしっかりとアプローチをしてくれます。

ニキビの量が減れば減るほど、
コンシーラーやファンデの使用量も
減らすことができるんじゃないでしょうか

写真映えするようになるし、そもそも、薄めのメイクで
普段の生活でも顔を上げて自分らしい表情を
見せられるようになりますよね。


リプロスキンは今なら全額返金保証がついているし、
全身どこにでも使える大容量なので、
お得にお試しできますよ。
↓↓↓






スポンサーサイト